トップ 全国呉服問屋さんリストについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

全国呉服問屋さんリスト呉服と言えば > 呉服を着る職業(1)

呉服を着る職業(1)

呉服を着る職業(1)の画像

呉服をファッションとしてではなく、仕事着として着用する職業が日本には様々あります。

中でも、特に神社で働く巫女の服装には憧れを抱く方も多いのではないでしょうか?巫女が身に着けている白い和服は「小袖」、赤い袴は「緋袴(紅袴)」と呼ばれています。

小袖は平安時代の中期に生まれた物で、それ以前からあった着物は全て袖口が袖丈一杯にまで広がっている「大袖」だったのに対し、小袖は袖口が狭くなっているのが特徴です。

小袖の形は安土桃山時代の「桃山小袖」に始まり、慶長年間の「慶長小袖」、寛文年間の「寛文小袖」、元禄年間の「元禄小袖」といった具合に進化を遂げていきます。

特に、元禄時代に誕生した友禅染を生かした「元禄小袖」は何とも言えない優美さがあり、現代における呉服にも大きな影響を及ぼしていると言えるでしょう。

一方、緋袴(紅袴)は紅系の色を用いた袴の総称で、平安時代の女官が身に着けていた「捻襠袴」をその原型としています。

捻襠袴は袴本体を胸まで引き上げ、紐を腰に回して右脇で結んで垂らすという形でしたが、明治の頃に女学生用の袴として着脱が簡単な行灯袴が誕生し、現在に至っています。

行灯袴が別名「女袴」と呼ばれているのは、こういった経緯によるものと言えるでしょう。

巫女が身に着けている緋袴(紅袴)も、ほとんどが行灯袴です。

なお、巫女の衣装としては「千早」と呼ばれる上から羽織る着物もあり、主に神道における正式行事の際に身に着けます。

白地に緑色の線で模様(鶴、松の木など)が描かれており、左右の袖と胸元に朱色の飾り紐が付いている形状が一般的です。

巫女の履物は草履で、鼻緒の赤い物になります。

髪型に関しては長い黒髪を後ろで1つにまとめ、檀紙や水引、装飾用の丈長などを使って束ねるのが慣わしです。

髪の長さが足りない場合や、黒髪をより豊かに見せたい場合などには、髢(かもじ)と呼ばれる日本髪を結う際に用いられる専用の義髪が使われることもあります。



スポンサー広告

ネットショップ広告


全国呉服問屋さんリストのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ イマドキの着物

近年、日本における伝統文化、中でも着物や浴衣といった呉服が見直されつつあります。 特に、アンティーク着物と呼ばれる昭和初期以前に流行していた呉服や、リサイクル着物と呼ばれる中期以降の呉服がファッションに敏感な若い女性の注目を集めており、1990年代後半からそういった呉服を扱うお店も増えているようです。 アンティーク着物とは、西洋の花や色使いが積極的に取り入れられ、着物と帯の斬新な組み合わせにも特徴がある「大正ロマン」、おびただしい柄や色使いに特徴がある「昭和モダン」、そして

全国呉服問屋さんリストについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。