トップ 全国呉服問屋さんリストについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

全国呉服問屋さんリスト呉服をもっと身近に > イマドキの着物

イマドキの着物

イマドキの着物の画像

近年、日本における伝統文化、中でも着物や浴衣といった呉服が見直されつつあります。

特に、アンティーク着物と呼ばれる昭和初期以前に流行していた呉服や、リサイクル着物と呼ばれる中期以降の呉服がファッションに敏感な若い女性の注目を集めており、1990年代後半からそういった呉服を扱うお店も増えているようです。

アンティーク着物とは、西洋の花や色使いが積極的に取り入れられ、着物と帯の斬新な組み合わせにも特徴がある「大正ロマン」、おびただしい柄や色使いに特徴がある「昭和モダン」、そして幾何学模様や原色のコントラストに特徴がある「アール・デコ」の時代に作られた着物のことを言います。

これらの時代に作られた着物は現代の私達から見ても実に華やかで可愛らしいもので、俗に言う古臭さは全く感じられません。

着物に限らず、洋服や家具、インテリア、絵画、工芸品、建築物等々、現代のアーティスト達に多大な影響を及ぼしているものばかりです。

私達の日常生活の中にも、知らず知らずのうちに取り入れられているものもきっとあることでしょう。

ところで、今の女性達に好まれているのは、従来の着付けとは全く違った新しい着物のスタイルです。

着物の着付けをちゃんと学んで守ってきた方々からしてみれば驚かれてしまうかもしれませんが、若者には若者の文化があると捉え、温かく見守っていくことにしませんか?そのためにも、イマドキの着物スタイルとはどのようなものなのか、ある程度知っておく必要があるでしょう。

イマドキの着物スタイルでは、着物を洋服と同じように扱っている傾向があります。

洋服地で仕立てられた着物はもちろん、着物に洋服を重ね着したり、下駄や草履ではなくブーツを合わせたりと、固定観念に一切囚われない自由な発想で着物を楽しんでいるのが特徴です。

また、レース素材で出来た半衿や帯揚げ、ガラスビーズの帯締め、色柄物の足袋など、小物にも特徴があります。

カラーリングした明るい色の髪や、パーマヘア、ネイルアートを施した爪、つけまつ毛など、イマドキの若者ファッションと積極的にコーディネートしていくのも今流の着物スタイルです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


全国呉服問屋さんリストのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 株式会社よしまち 青森県青森市港町2丁目11−19 電話017-743-8080
    • あすか 大阪府松原市天美西1丁目13−22 電話072-333-9746
    • かね宗 愛知県安城市南町5丁目63 電話0566-75-5298
    • 千葉大丸 千葉県千葉市中央区栄町24−8 電話043-225-2525
    • きもと商事有限会社 宮崎県都城市上町13−3 電話0986-22-0965
    • 京都屋質店 滋賀県大津市浜大津2丁目5−18 電話077-522-3759

今日のお勧め記事 ⇒ 呉服を着る職業(1)

呉服をファッションとしてではなく、仕事着として着用する職業が日本には様々あります。 中でも、特に神社で働く巫女の服装には憧れを抱く方も多いのではないでしょうか?巫女が身に着けている白い和服は「小袖」、赤い袴は「緋袴(紅袴)」と呼ばれています。 小袖は平安時代の中期に生まれた物で、それ以前からあった着物は全て袖口が袖丈一杯にまで広がっている「大袖」だったのに対し、小袖は袖口が狭くなっているのが特徴です。 小袖の形は安土桃山時代の「桃山小袖」に始まり、慶長年間の「慶長小袖」、寛

全国呉服問屋さんリストについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。