トップ 全国呉服問屋さんリストについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

全国呉服問屋さんリスト呉服をもっと身近に > イマドキの浴衣

イマドキの浴衣

イマドキの浴衣の画像

ここ近年は、浴衣を楽しむ女性も増えてきており、毎年夏になると花火大会や夏祭りなどで浴衣を着た女の子と甚平姿の男の子という若いカップルがよく見られます。

特に行事がなくても、デートの際に浴衣を着て普段とは違う自分を演出したり、女の子同士でもちょっとしたお出かけ着感覚で浴衣を着たりしている光景も、珍しくありません。

イマドキの浴衣はピンクやエメラルドグリーンといった派手な色が取り入れられている他、ミニ丈があったり、兵児帯で大きなリボンや花を作ったり、足元は下駄ではなくサンダル(ビーチサンダル含む)を取り入れたりなど、いわゆる「ギャル」と呼ばれる女性達のスタイルを象徴した物が主流です。

浴衣というと、黒髪に白い肌……といったイメージですが、今は違います。

日焼けした肌にカラーリングを施した髪だからこそ似合う浴衣が一般的によく売られており、人気があるのです。

また、着付けをしなくても洋服感覚で誰でも簡単に着られる「ワンピース浴衣」や「ツーピース浴衣」といったものまであります。

ワンピース浴衣とは、その名の通り洋服のワンピースのような形状の浴衣で、主に子供用として用いられています。

後ろファスナーで頭から被るタイプの物が多く、じっとしていられないお子様にもスピーディーに着させることが出来るので、家族で花火大会に出かける時などに重宝します。

また、ツーピース浴衣というのは上下が分かれているタイプの物です。

作務衣のズボンがスカートになったような和服をイメージされると分かりやすいかもしれませんね。

ワンピース浴衣もツーピース浴衣も、どちらも帯を結べば本格的な浴衣と何ら変わりありません。

着付けに詳しい方が間近で見れば気付かれるかもしれませんが……、一般的に浴衣を着るのは夜ですし、人混みが多いので、そうそう気付かれることはないでしょう。

イマドキの浴衣スタイルは、アクセサリーとの組み合わせもポイントの1つです。

ピアスやシュシュ、髪飾り、ネイルなどを浴衣と上手くコーディネートすると、おしゃれ度がアップしますよ。



スポンサー広告

ネットショップ広告


全国呉服問屋さんリストのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 株式会社よしまち 青森県青森市港町2丁目11−19 電話017-743-8080
    • あすか 大阪府松原市天美西1丁目13−22 電話072-333-9746
    • かね宗 愛知県安城市南町5丁目63 電話0566-75-5298
    • 千葉大丸 千葉県千葉市中央区栄町24−8 電話043-225-2525
    • きもと商事有限会社 宮崎県都城市上町13−3 電話0986-22-0965
    • 京都屋質店 滋賀県大津市浜大津2丁目5−18 電話077-522-3759

今日のお勧め記事 ⇒ 呉服の種類(1)

呉服には、振袖や留袖、付け下げ、浴衣に始まり、甚平や作務衣、割烹着、丹前、法被、もんぺに至るまで様々な種類があります。数え上げると実に70以上の種類が存在しますので、ここでその全てをご紹介するわけにはいきませんが、私たちにも馴染みのある幾つかの呉服について見ていくことにしましょう。 まずは「振袖」についてです。 振袖とは、袖の袂が振るほど長いのが特徴で、未成年かつ未婚の女性のみが着ることが許される呉服です。 成人式で着る振袖が最初で最後だったという方も多いのではないでしょう

全国呉服問屋さんリストについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。