トップ 全国呉服問屋さんリストについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

全国呉服問屋さんリスト北海道 > 株式会社野口染舗

株式会社野口染舗

株式会社野口染舗

着物のシミ抜き・お手入れでお困りの方、野口染舗にお任せ下さい

♪着物なんでも相談♪

■しみ抜き
○着物○ドレス○洋服 他

*御誂染・染替・特殊加工
*洗張・特選あらい
*すこやかガード・振舞
*家紋・御仕立
*旗・のぼり・誂え
*着物・染色・クリーニングに関する事
*相田みつをギャラリー

お電話頂ければご集荷に伺います。
フリーダイヤル 0120-12-4447

株式会社野口染舗:DATA
住所〒003-0808
北海道札幌市白石区菊水8条2丁目2-9
電話011-811-3816
FAX011-841-8971
URL
営業月曜~金曜 09:00~17:00
土曜・日曜・祝日休み
駐車場有 
業種着物クリーニング、しみ抜き、染色整理、染直し、染物・洗い張り、紋章上絵業
アクセス(最寄駅)
○地下鉄東西線・菊水駅徒歩15分
(バス)
○地下鉄菊水駅よりJRバス乗車→菊水7条2丁目停留所・徒歩3分(地下鉄菊水駅3番出口全線OK)
○JRバス(12号線)札幌駅行→東高校前停留所・/厚別、江別方面行→菊水上町停留所・徒歩3分
お役立ち情報『第50回 秋の染匠会』

期間:平成22年9月13日(月)~10月15日(金)

【第50回 スペシャル企画】
すこやかガード 50%OFF(振舞加工は除きます)

【洗張】
7,770円(税込)
※きもの全品、お一人様3点限り

【仕立】
10%引

※この機会を是非ご利用ください。





株式会社野口染舗の地図

北海道札幌市白石区菊水8条2丁目2-9 (Sorry, this address cannot be resolved.)

株式会社野口染舗の詳しい情報です!

【着物お手入れ・お仕立】
◆しみ抜き
*ファンデーション汚れ落とし *汗抜き *しみ抜き *スレ直し *色ハケ *箔加工 *柄たし

◆特選あらい
一級技能士の指導のもと生地の特徴を見て、それに一番ふさわしい加工方法を提供するのが特選洗いです。当社の特選洗いはドライクリーニング後落ちなかった、衿・袖口・汗・食べこぼしのシミ抜きを致します。

◆洗張(あらいはり) ※価格は、品目によって異なります
*着物をほどいて一枚の反物として、水を流しながら「ささら」で洗い、湿気に解けて繊維にしみ込んでいるしみ、細菌を洗い落とし、生地に張りを持たせます。

◆すこやかガード加工 ※価格は、品目によって異なります
*汚れから着物を守り、美しさを長持ちさせます。自然の風合をかもしだす加工です。
*お仕立て上がりの着物でもOK!色合いや、風合い、通気性もそこないません。

◆誂染(あつらえぞめ)
*染の職人が長年の技術で色を調合して色を作り上げます!
微妙な色加減はまさに芸術です!

◆柄染・特殊染 ※価格は、品目によって異なります
*吹雪染め *柄染

◆御仕立
*あなた自身の寸法にジャストフィットさせます(国内手縫い、海外手縫い)

◆修復・復元加工
*柄たし *色さし *刺繍加工 *かけはぎ *紋入れ直し

◆着物のリフォーム
*染替 *作り替え *帯からバッグ *袖丈直し *身丈直し *身巾直し *裄直し *着物から帯 *羽織から帯 *締めジワ直し *鼻緒直し *下駄裏ハリ

オススメ【振舞加工】
あなたの大切なお着物の強い味方
~振舞はお客様に安心をお届けします~
すこやかガード(税込)+10年間アフターサービス
 ・きもの…12600円
 ・長襦袢…10500円
 ・帯…8400円
※詳細はHPからご覧下さい

【オリジナル商品】
*しみ抜き剤エース 1050円(ブラシ2100円)
*シワとり名人 2520円
*テックガード(はっ水加工) 1470円
*オリジナル上質畳紙(2つ折用 525円/3つ折用 473円)
*刺繍入り手づくりティッシュケース 840円
*藍染品

【相田みつをギャラリー】
書家・詩人として誰の真似でもない、自分の「書」自分の「言葉」を追求し続けた「相田みつを」
◎書籍・グッズを販売しております

全国呉服問屋さんリストのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 呉服の特徴

呉服には、他の衣服にはない特徴が幾つかあります。 まず、第一に挙げられるのが「前開き」であるという点です。 浴衣や振袖、留袖に至るまで、一般的に着物と呼ばれている衣服は全てが前開きになっています。甚平や作務衣といった上下が分かれている呉服についても、上着は必ず前開きですよね。 洋服には、前開きのブラウスやシャツの他、頭から被るタイプのトレーナーやTシャツ、後ろファスナー方式のワンピースなど様々なタイプがあるのとは対照的と言えるでしょう。 なお、呉服を着る際には、必ず右の身頃

全国呉服問屋さんリストについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。