トップ 全国呉服問屋さんリストについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

全国呉服問屋さんリスト石川県 > なごみ

なごみ

なごみ

主に蔵出しを行っております。
骨董、着物どこでも出張高価買取

買取は数量多少に関わらず、遠方でも出張致します。
特に着物全般、高価買取致します。
●着物(振袖・付下・訪問着・有名産地紬着物・帯・帯留・和装小物 等)
●古美術全般
●茶道具
●陶芸美術品
=出張買取(遠方)OK=
=持込歓迎(※要TEL)=
=見積無料、秘密厳守=

なごみ:DATA
住所〒920-0266
石川県河北郡内灘町字大根布1丁目34
電話076-286-4404
FAX076-286-4404
URLhttp://www16.ocn.ne.jp/~kottou/
営業11:00~18:00
※仕入れのために不在の場合がございますので、来られる前に一度お電話ください。定休日/月曜日
駐車場有 
業種絵画商、掛け軸売買、鑑定業、貴金属買取、工芸品、骨とう品卸、骨とう品鑑定業、骨とう品売買、古美術売買、呉服店、古物商、茶道具、書画・骨とう品商、書画売買、反物販売、美術品販売、古着、古道具販売、和装小物
アクセス(バス)
○大根布一丁目停留所・徒歩1分
(車)
○大根布小学校から1分
○金沢医科大学病院から3分
(その他)
能登に入る入り口で能登有料道路、「内灘料金所」から車で3分、「金沢医科大学病院」近くにあります。
お役立ち情報~着物全般どんなものでもがんばって、高価買取します。古い着物類 大歓迎!~
以前は着ていたけれど、もう着る機会がなくなってしまったお着物…
お手入れができなくなったお着物…箪笥にしまったままのお着物…
など、まずはご相談ください。
もちろん着物以外でも、骨董品・古美術など誠実に鑑定、評価した上で高価現金買取します。
引越し、家屋の建て替え、蔵や納戸・タンスの整理などの際は、お気軽にご相談ください。

なごみの地図

石川県河北郡内灘町字大根布1丁目34 (Sorry, this address cannot be resolved.)

なごみの詳しい情報です!

【取扱商品】
(蔵の中のタンス)~(現代まで)
●着物
 振り袖、訪問着、附下げ、留袖、小紋、紬、羽織、絹・綿・麻の着物・男性の着物・
 刺子半天・野良着・藍染・絣・古布・はぎれ
●和装小物
 帯留め・かんざし・帯締め・帯揚げ・ショール・草履・バッグ・風呂敷・足袋・紐・他、あらゆる小物
●茶道具
 掛軸(古筆、茶掛、色紙、短冊、他)、茶杓、水指、棚物、屏風、花入、莨盆、キセル、煮物椀、吸物椀、
 一口椀、向付、菓子器、喰籠、鉢、銘々盆、炭道具、茶入、茶器、茶碗、釜、懐石道具、膳、香炉、香炉卓
●古美術品
 黄瀬戸、織部、黒織部、薩摩、古漆器、蒔絵、美濃、志野、桃山、古伊万里、備前、出雲、京焼、
 楽吉左ェ門、九谷、古伊万里、丹波、信楽、伊賀、瀬戸焼、唐津、高取、中国陶磁、李朝陶磁、
●絵画
 日本画、洋画、軸装、版画全般
●道具商
 諸道具・古美術品・骨董全般
 時代着物(明治・大正)~現代(作家物)から
 古いタンス、その他蔵の整理品まで全て…
◎-◎-主に蔵出しを行っております-◎-◎

【査定方法】
出張査定、現金買取

【買取(出張)までの流れ】 
1)まずはお電話でお問い合わせください。
 TEL:(076)286-4404 受付時間11:00~18:00
 ※出張買取等にて不在にする事もございますので、まずはお電話か、
お問い合わせフォームにてお問い合わせいただければと思います。
2)ご自宅(またはご指定いただいた場所)までお伺いします。
 お伺いする際、下記の品々を忘れずにご用意ください。
 ☆お売りになりたい品物  
 ☆ご本人様を確認できるもの(保険証、運転免許証、パスポート、住民票など)
3)商品鑑定
 経験豊かな鑑定人が、速やかに鑑定します。
4)買い取り
 鑑定結果の価格を提示させていただきます。
 価格にご了承いただければ、その場で現金にて買取らせていただきます。

【許認可】
石川県公安委員会許可第8935号

【メッセージ】
古い物の処分でお困りの方、是非ご連絡ください。
遠近問わず出張の見積もりは無料にてさせていただきます。
確かな知識で一点一点丁寧に誠意をもって、鑑定・評価します。
  清水 安弘

※※※ ご不明の点はお気軽にお問い合わせ下さい。 ※※※



スポンサー広告

ネットショップ広告


全国呉服問屋さんリストのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 呉服を着るスポーツ(1)

日本を発祥とするスポーツには、呉服を正式なユニフォームとしているものもたくさんあります。 中でも「剣道」は、中学・高校時代から馴染みのある競技ではないでしょうか?剣道では「稽古着」を着て、胸から腹部にかけては「胴」、腰から局部にかけては「垂れ」を着け、下は「袴」を穿きます。 そして、両手には「篭手(籠手)」、頭頂部から喉にかけては「面」を被って覆うのが決まりです。 まず「稽古着」は前開きの着物で、形状としては作務衣の上着を思い浮かべて頂けると 分かりやすいのではないかと思い

全国呉服問屋さんリストについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。