トップ 全国呉服問屋さんリストについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

全国呉服問屋さんリスト呉服を知ろう! > 呉服とは?

呉服とは?

呉服とは?の画像

「呉服」と言うとあまり馴染みがないかもしれませんが、実は日本に古くから伝わる日本特有の服、つまり「和服」と同じ意味の言葉です。中国三国時代(西暦180~280年)に「呉」の国から今の和服の原型となる織物や縫製の仕方が伝わって来たことからこう呼ばれるようになったと言われています。

ただし、元々日本において「呉服」は絹で出来た衣服を意味する言葉であり、綿で出来た衣服は「太物」と呼ばれ、それぞれ別のお店で扱われるのが通例でした。今のように、絹で出来た衣服も綿で出来た衣服も同じように呉服屋で販売されるようになるのは、もっと先の話になります。

ところで、現在の日本において日本特有の衣服は「着物」「和服」などと呼ばれることが多くなってきており「呉服」という言葉の使用頻度は減りつつあります。

しかし、不思議と和服を置いているお店に関してだけは「呉服屋」という呼び名が一般化していて「和服店」などという呼ばれ方がされていないのはなぜなのでしょうか?理由としては「呉服」という言葉はかなり古くからあったのに対し「和服」という言葉は西洋から伝わった洋服の対義語として明治時代に用いられるようになった歴史の浅い言葉であることに由来しています。

つまり、和服という言葉が生まれるよりはるか昔に呉服屋は既に存在していたというわけです。ちなみに「着物」という言葉については、ただ単に「着る物」を表す言葉であり、本来は呉服であろうと洋服であろうと関係なく用いられる言葉でした。

16世紀に日本人が使っていた「着物」という言葉が、ヨーロッパにおいて「日本特有の服」という意味で用いられるようになり、それがやがて日本にも広まって現在に至っています。

なお、今の時代において西洋にとっての「着物」は日本特有の衣服でのみに止まらずアジア圏の各地に見られる前合わせ式の衣服の総称として使われることもあります。ですから、和服を売っているお店は、今も昔も「呉服屋」という呼び名以外にあり得ないということになるのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


全国呉服問屋さんリストのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 株式会社よしまち 青森県青森市港町2丁目11−19 電話017-743-8080
    • あすか 大阪府松原市天美西1丁目13−22 電話072-333-9746
    • かね宗 愛知県安城市南町5丁目63 電話0566-75-5298
    • 千葉大丸 千葉県千葉市中央区栄町24−8 電話043-225-2525
    • きもと商事有限会社 宮崎県都城市上町13−3 電話0986-22-0965
    • 京都屋質店 滋賀県大津市浜大津2丁目5−18 電話077-522-3759

今日のお勧め記事 ⇒ イマドキの浴衣

ここ近年は、浴衣を楽しむ女性も増えてきており、毎年夏になると花火大会や夏祭りなどで浴衣を着た女の子と甚平姿の男の子という若いカップルがよく見られます。 特に行事がなくても、デートの際に浴衣を着て普段とは違う自分を演出したり、女の子同士でもちょっとしたお出かけ着感覚で浴衣を着たりしている光景も、珍しくありません。 イマドキの浴衣はピンクやエメラルドグリーンといった派手な色が取り入れられている他、ミニ丈があったり、兵児帯で大きなリボンや花を作ったり、足元は下駄ではなくサンダル(

全国呉服問屋さんリストについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。