トップ 全国呉服問屋さんリストについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

全国呉服問屋さんリスト呉服にまつわるあれこれ > 呉服着用時の立ち居振る舞い

呉服着用時の立ち居振る舞い

呉服着用時の立ち居振る舞いの画像

呉服の着付けを完璧に行なって、髪形も決まり、さぁお出かけ……。

でも、ちょっと待ってください。

和服を着ただけで皆さん浮かれてしまいがちなのですが、最後に気をつけたいのが「立ち居振る舞い」です。

和服を着ると、気持ちが引き締まりますよね。

女性はより女性らしいおしとやかな気持ちに、男性はより男性らしい猛々しい気持ちになることでしょう。

せっかくですから、立ち居振る舞いにも気を配って、より魅力的に和服を着こなそうではありませんか。

まず、呉服を身に着けたら、しっかりと背筋を伸ばして立ちましょう。

実際に鏡の前で立って、横から見た姿をチェックしてみてください。

自分では背筋を伸ばして立っているつもりでも、実はただお腹を突き出しているだけだったり、背が後ろに反り返っていたりすることがよくあるものです。

「頭の上に本が載っている」というイメージで立ってみると、うまく行きますよ。

後頭部から踵を壁や柱に沿わせて立ってみるのも「まっすぐ立つ」という感覚を知るためには役立ちます。

それから、歩き方についてですが、女性の場合には普段と同じように歩いているとすぐに着崩れが起きてしまいます。

着物が着崩れるほど大股を開いて歩いている姿は傍から見ても見苦しいものですので、小股で歩くようにしましょう。

やや内股気味に歩くのも、女性らしく見せるポイントです。

女性の場合には、他にも「ちょっとした仕草」に気を配る必要があります。

例えば、何か近くにある物を手で取る時には、物があるのとは反対側の手を伸ばすようにします。

右にある物は左手で、左にある物は右手で取るようにすると、脇が閉じてお上品に見えます。

反対側の手は、物を取る手の袂(袖)に沿えるようにしましょう。

手に取った物を相手に渡す場合も、ただ片手で「ハイ!」と渡すのではなく、もう片方の手を添えて渡します。

ただし、こういった立ち居振る舞いは、和服を着た時だけ実行しようと思っているとなかなか上手く行かないものです。

普段から、癖を付けておくと良いでしょう。

洋服姿でもちゃんとした立ち居振る舞いが出来る人は、老若男女問わず好感が持たれますよ。



スポンサー広告

ネットショップ広告


全国呉服問屋さんリストのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 株式会社よしまち 青森県青森市港町2丁目11−19 電話017-743-8080
    • あすか 大阪府松原市天美西1丁目13−22 電話072-333-9746
    • かね宗 愛知県安城市南町5丁目63 電話0566-75-5298
    • 千葉大丸 千葉県千葉市中央区栄町24−8 電話043-225-2525
    • きもと商事有限会社 宮崎県都城市上町13−3 電話0986-22-0965
    • 京都屋質店 滋賀県大津市浜大津2丁目5−18 電話077-522-3759

今日のお勧め記事 ⇒ 呉服とは?

「呉服」と言うとあまり馴染みがないかもしれませんが、実は日本に古くから伝わる日本特有の服、つまり「和服」と同じ意味の言葉です。中国三国時代(西暦180~280年)に「呉」の国から今の和服の原型となる織物や縫製の仕方が伝わって来たことからこう呼ばれるようになったと言われています。 ただし、元々日本において「呉服」は絹で出来た衣服を意味する言葉であり、綿で出来た衣服は「太物」と呼ばれ、それぞれ別のお店で扱われるのが通例でした。今のように、絹で出来た衣服も綿で出来た衣服も同じよう

全国呉服問屋さんリストについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。